「モンゴル頼み」で拉致問題は進展するのか

平井久志
執筆者:平井久志 2013年11月18日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮とモンゴルの関係を考える時、思い浮かぶシーンがある。1986年11月17日、韓国国防省スポークスマンが、休戦ラインにある北朝鮮側の韓国向け宣伝スピーカーが「金日成(キム・イルソン)主席が銃撃によって死亡した」と伝えていると発表し「金日成主席死亡説」が世界を走った。

 この死亡説は、数日前から東京やソウルで流れていたが、韓国国防省の発表で一気に信憑性を帯びた。11月17日夜は諸説が入り乱れた。筆者は当時、東京の外信部勤務だった。死亡なのかどうか各メディアとも朝刊の紙面作りに頭を悩ました。筆者が勤めていた通信社は、結局、両論併記だったと記憶している。朝刊の作業を終えると、会社から翌日すぐ韓国大使館へ向かってビザを取り、ソウルへ向かうよう言われた。

 翌日、韓国大使館のメディア担当に無理を言って即日ビザをもらった。そして、彼の部屋でテレビを見つめた。テレビは、モンゴルのバトムンフ人民革命党書記長が平壌の順安飛行場に到着した様子を映し出した。そして、次の瞬間、同書記長を歓迎するために空港まで出向いた金日成主席の元気そうな様子がテレビに映し出された。「金日成主席死亡説」は完全に誤報であることが全世界に伝えられた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順