改めて「ソフトパワーとは何か」

執筆者:田中明彦 2005年11月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 日本

 ソフトパワーという言葉がある。少子高齢化の進む日本のような国は、ハードパワーではなくソフトパワーを充実させなければならない、などと言われることもある。しかし、ソフトパワーとは何かと考えてみると、結構ややこしい。いったい、ソフトパワーを持つためにはどうしたらよいのか。とくに日本にこれを当てはめたら、何をしたらよいのか。 この言葉をはやらせたのが、カーター政権やクリントン政権で米政府の高官も経験したハーバード大学のジョセフ・ナイ教授であることはよく知られている。『ソフト・パワー』という著書も翻訳されている(日本経済新聞社刊)ので、お読みになった読者もあるかもしれない。 原理的にいうとナイ教授の説は明快である。ソフトパワーと対比されるハードパワーとは、報奨(アメ)や懲罰(ムチ)の可能性を見せつけることで相手を動かす力である。軍事力でもって核攻撃を抑止したり、経済援助で自らの陣営に引き入れることなどが典型的な例である。これに対してソフトパワーとは、相手の考え方自体に働きかけることによって、そもそもこちらの困るようなことを相手が考えないようにさせたり、こちらの望むようなことを相手が自発的にするようにしてしまうパワーだとされる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順