旧ソ連も手を焼いた「ケネディ暗殺犯」オズワルド

名越健郎
執筆者:名越健郎 2013年11月19日
エリア: ロシア 北米

 11月22日で50周年になるケネディ元米大統領暗殺事件について、米国では、暗殺に組織的な「陰謀」があったと思う人は61%で、リー・オズワルドの単独犯行と考える30%を大きく上回ったことが、最新のギャラップ世論調査で伝えられた。筆者も13年前、テキサス州ダラスのデーリー広場を視察した印象から、複数の実行犯がいて、オズワルドはおとりだったという陰謀説を取っている。

 現場を見れば、あの距離から旧式ライフルで5-6秒間に4発発砲し、動く標的に命中できるはずがないことがすぐ理解できる。オズワルドが発砲したとされる後方の教科書ビル6階から現場まではざっと60-70メートル。海兵隊で射撃の成績が悪かったオズワルドが、1発撃つたびに次の射撃まで時間のかかる第2次大戦中のイタリア製ライフルを連射し、3発命中できるとは思えない。筆者も記者時代、ロシア軍基地を視察した際、兵士の手ほどきでAK47ライフルを試射したが、50メートル以上の標的はほとんど当たらず、相当の技量が必要と実感した。

 広場で辻説法をしていた地元の歴史家、ドン・ミラー氏は「前方右の駐車場の垣根に2人、後方のビル2階に2人、計4人のガンマンがいた。4発が発射され、3発が大統領とコナリー知事に命中した。オズワルドはおとりにすぎない」と話していたが、このあたりが真相に近いだろう。致命傷となった頭部への発砲で大統領は後方に反り返ったが、前方右のグラシー・ノールと呼ばれる垣根から現場は約30メートルで、十分狙える距離だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順