「茶会党候補」を支持しなかった「米経済界」――ヴァージニア州知事選

足立正彦
執筆者:足立正彦 2013年11月22日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 北米

 ワシントンDC滞在中の11月5日、クリス・クリスティ州知事が圧勝して再選を果たしたニュージャージー州知事選とともに、南部ヴァージニア州の知事選も実施された。ヴァージニア州知事選はその歴史的経緯とともに、今後の米国政治に与える影響という点からも、単なる1つの州知事選の枠を超えて注目された選挙であった。

 ヴァージニア州知事選は大統領選挙の翌年に実施されることになっており、しかも、州知事の任期は1期4年のみであり、州知事の再選が認められていない全米でも唯一の州という極めて稀有な制度を導入している。また、同州知事選は、民主党大統領候補のジミー・カーター氏が1976年大統領選挙で現職のジェラルド・フォード氏を破った翌年に行なわれた選挙以降、大統領が所属している与党の州知事候補が過去36年間勝っていない。そのため、こうした従来までの選挙パターンが今回も継続されることになるのか、あるいは、これが途切れることになるのかという観点からも、大変注目されていた。

 今回のヴァージニア州知事選の今日的意義については2点を指摘する必要がある。1点目としては、同州知事選が与野党の全面対決の様相を呈していた事実である。筆者は州知事選投票日4日前の11月1日にニューヨークからワシントンDCに移動したが、ホテルで米NBC放送などの大手ネットワークの報道番組を観るためにテレビをつけると、コマーシャル放映時には州知事候補の両陣営の政治広告が活発に流れていた。共和党陣営は医療保険制度改革関連法(オバマケア)の加入についてのウェブサイト登録に機能上の重大な欠陥があったことや、オバマ政権ならびに民主党の歳出拡大路線に焦点を当てて批判を展開していた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順