饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(94)

国連史上最大の食事会「席次」をめぐる苦心惨憺

西川恵
執筆者:西川恵 2005年11月号
カテゴリ: 国際

 国連創設六十周年を記念する国連総会特別首脳会合が九月十四日から十六日までニューヨークの国連本部で開かれ、世界約百七十カ国の首脳が集まった。 初日、アナン国連事務総長の主催による歓迎昼食会が本部二階の大広間「ノースラウンジ」で開かれた。招待客は二百三十人。十人掛けの丸テーブルが大広間を一杯に埋めた。「世界のVIPが一堂に会して実に壮観でした。でも準備もこれまでで最も大変でした」と言うのは国連儀典課のドミニク・パルシェさん。この道二十年以上のベテランのフランス人女性だ。「国連の儀典の難しさは多国間関係であること。基本的に二国間関係を考えればいい一国の儀典と違う点です」。 パルシェさんが最も苦労したのが席次。まず参加人数が最後まで決まらない。「出席する」と通知していた国が、間際になって取り消したり、その逆もある。国連大使の出席を予定していた北朝鮮は、最後の段階で欠席を通知してきた。 序列にも気を使う。二百三十人の内訳は、国王や大統領といった国家元首八十人、首相クラス四十五人、残りが国連代表部大使などだ。国家元首は首相よりも格は高いが、同じ国家元首でも国の大小で序列は異なる。また勘案しなければならないのが参加国の要望。「〇〇の国とは同じテーブルにしないでほしい」「△△の元首の近くに座らせてほしい」といった“注文”は、今回も数多く寄せられた。「できるだけ希望に沿うようにしましたが、ジグソーパズルを解くようなものでした」。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順