サッカー岡田監督「中国での失敗」の理由は?

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年11月30日
カテゴリ: スポーツ 国際
エリア: 中国・台湾

 サッカー元日本代表監督で、中国のプロサッカーリーグ「杭州緑城」の監督を務めていた岡田武史氏が、今季限りで辞任することを表明した。16チーム中、1年目は11位、2年目は12位という、まったく冴えない成績に終わった理由について、中国側の問題が大きかったとして、岡田氏に対しては基本的に同情論に傾いた分析がなされていることに、少々違和感がある。

 中国のメディアや中国版ツイッター「微博」などで岡田氏のサッカーに対する真摯な態度を評価する声が多く上がっているのは事実である。しかし、それはあくまでも中国サッカー界の現状に対する不満の裏返しに過ぎない。岡田氏の杭州緑城でのゲーム采配やチーム運営を正確にウオッチしてなされたものではない。

 中国のサッカー人気は日本におけるプロ野球人気を超えるものがある。その期待の大きさに全く応えられない代表チーム、相次ぐ八百長事件に揺れるプロサッカーリーグ、人気に甘えて努力しない選手たちなど、問題はあまりにも山積しており、サッカー好きと言われる習近平国家主席が就任してハッパをかけた後も中国サッカーは低迷から抜け切れていないため、中国人はどんな問題に引っ掛けてでも、中国サッカーの悪口を言ってみたい気分なのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順