「3中全会」が改めて示した中国の行き詰まり

 3中全会期間中、天安門広場ではこんな土産も売られていたが…… (C)EPA=時事
3中全会期間中、天安門広場ではこんな土産も売られていたが…… (C)EPA=時事

 落胆の後の歓喜――。11月に開いた中国共産党の3中全会に対する世界の評価は振り子のように揺れた。終幕した12日に発表された「コミュニケ(公報)」は抽象論と保守的な表現が多く、習近平政権では改革が進まないとの印象を内外に与えたが、一転して15日に出された「決定」は15分野60項目の具体的かつ野心的な改革方針を示し、世界の中国研究者、中国ウオッチャーに強い改革への意欲を訴えかけたからだ。

 いったいどちらが本当の姿なのか?

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順