国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(45)

合葬された「天武・持統天皇」の本当の仲

関裕二
執筆者:関裕二 2013年12月13日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 11月14日、宮内庁から両陛下の葬送と御陵にまつわる発表があった。国民生活に負担をかけたくないという両陛下のお気持ちを尊重し、陵墓の規模は縮小されることになった。

 また、今上天皇が皇后陛下との合葬を望まれ、かたや皇后陛下は「畏れ多い」と、遠慮された。仲睦まじい両陛下の様子を拝見していると、心情的には、合葬も認めるべきではないかと思ってしまうが、ことはそれほど単純ではない。天皇陵に皇后陛下を合葬すれば、民間人を天皇と同等に祭ってしまうことになるからだ。

 結局、天皇陵のすぐそばに小振りな皇后陵を造営することで落ちついた。現状では、これがもっとも合理的で納得できる結論であろう。

 

広く流布された夫婦愛

 美談として語られているが……(天武・持統陵、筆者撮影)
美談として語られているが……(天武・持統陵、筆者撮影)

 ところで、天皇と皇后の合葬には前例がある。それが、天武・持統陵(奈良県高市郡明日香村)で、新聞記事で引き合いに出された。夫の陵墓に入ることを願った持統の行動は、美談として語り継がれているが、これは、大きな勘違いだ。事情は複雑なので、順を追って説明しよう。

 天武の皇后・鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ、のちの持統天皇。以下「持統」)の父は天武の兄・天智天皇だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順