「老朋友」マンデラ氏死去と中国の追悼ムード

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2013年12月9日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が死去した。その日、たまたま北京にいたのだが、あまりの騒ぎに驚かされた。習近平国家主席が「中国国民はマンデラ氏の貢献を忘れない」と弔電を打ち、新聞はことごとくマンデラの写真をトップに掲げて、半分ぐらいのページを使ってマンデラ特集を組んでいた。

 確かにマンデラはアフリカの偉大な政治家だが、遠く離れた中国がなぜ国を挙げて「老朋友・曼德拉」(古い友達・マンデラ)に対する追悼ムードに包まれるのか。そこには、中国伝統の「シンパは徹底的に大事にする」という、共産主義運動における統一戦線的な行動原理を見ることができる。

 実際、マンデラは「超」がつくほどの中国シンパだった。それも中国が好きというのではなく、中国共産党が好きだった。

 マンデラが20年を超える獄中生活で愛読したのは「毛沢東選集」。エドガー・スノーの「中国の赤い星」を読んで感激したマンデラは、毛沢東の著作をはじめ、中国共産党の革命に関する書物を読みあさり、アパルトヘイト打倒の戦略を、中国革命の成功から練り上げたと言われている。

 1990年にマンデラが牢獄から解放された直後、アフリカ訪問中だった当時の呉学謙副首相に会ったとき、「私の獄中での精神的支柱は中国だった」と語ったという。1992年には中国を訪問して万里の長城にのぼり、その時の写真は今回の一連のマンデラ報道のなかで各紙に掲載されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順