ケース・スタディ4 益若つばささん

執筆者:藤沢数希 2013年12月14日
カテゴリ: 文化・歴史

 日本国憲法第14条1項を読むと次のように書かれている。

「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」

 法の下で男女は必ず平等でなければいけないのだ。性差別の禁止は、近代国家では最も基本的な法体系の原則である。つまり、金持ちの男(正確には高所得の男)と結婚した女に婚姻費用や財産分与などで数々の金銭的な利益があるならば、それは全く平等に、金持ちの女と結婚した男にも同じものがなければおかしいのである。

 そして、日本は法治国家なので、当然そうなっている。

 さて、今回のケースで取り上げるのは、人気モデルである益若つばささんのケースだ。益若つばささんは、読者モデルとして人気が爆発し、彼女が着用した服やアクセサリーは瞬く間に売れるなど、突出した経済効果を有することから『100億円ギャル』の異名をもって知られてきた。当然のこととして、彼女は一財産築くことになり、現在でもその人気は衰えていない。

 2007年に、男性モデルと結婚し、翌年に第1子となる長男を出産している。夫は、結婚後は仕事を減らし、離婚してからは表に出る仕事はしておらず、一般人として生活しているようである。つまり、益若つばささんと彼の間には圧倒的な所得格差があったことになる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
藤沢数希 理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(同)『「反原発」の不都合な真実』(新潮社)『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(ダイヤモンド社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順