饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(95)

カール大帝のワインを傾けた仏独首脳の「最後の晩餐」

西川恵
執筆者:西川恵 2005年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

「最後の親密なる晩餐」とフランスの日刊紙は表現した。十月十四日夜、フランスのシラク大統領は退任間近いシュレーダー独首相をエリゼ宮に招き、最後の会食をもった。 一応はワーキングディナーと位置づけられ、夕食会に先立ち会談が行なわれたが、退任するシュレーダー首相が新たな約束をしたり、政治的イニシアチブをとれるわけでもない。会談は形だけのもので、シラク大統領としては食事をとりながら、首相の七年間の労をねぎらいたいとの思いがあったのだろう。 シラク大統領はどんな料理でシュレーダー首相をもてなしたのか。私の問いにエリゼ宮の担当者は「海の幸の盛り合わせです」と言った。それは前菜?「いえこれだけです」。これには私もビックリした。 海の幸の盛り合わせは、細かく砕いた氷の上に新鮮な生牡蛎や貝類、ゆでたカニ、エビを盛り、大きなお盆に乗せてサービスする秋から冬にかけてのフランスの名物料理。ただフランスではこれは前菜であり、主菜は別に出るのが普通だ。それがこの夜は、海の幸の盛り合わせだけを両首脳はじっくり堪能する趣向がとられた。シュレーダー首相の大好物とはいえ、エリゼ宮としては極めて珍しい。「儀式ばらない会食にしたいとの大統領の意向です。異例な食事会? そんなことはありません。両首脳の仲では不思議なことではありません」。もしかしてドイツ側から「軽くして欲しい」という希望があったのかも知れない。いずれにせよ、ジャック、ゲアハルトとファーストネームを呼び合いながら、両首脳が潮の香りがする牡蛎の身をすすり、細長い楊子のような器具でカニの身をかき出す様子が目に浮かんでくる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順