「張成沢粛清」後の政治潮流――金正日総書記死去2年の追悼大会で見えたもの

平井久志
執筆者:平井久志 2013年12月20日
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島
 12月17日、中央追悼大会の後の錦繍山太陽宮殿訪問。金慶喜氏の姿はなかった (C)EPA=時事
12月17日、中央追悼大会の後の錦繍山太陽宮殿訪問。金慶喜氏の姿はなかった (C)EPA=時事

 12月17日は金正日(キム・ジョンイル)総書記の命日だったが、北朝鮮の追悼行事は昨年の死亡1周年の時とは異なったものになった。昨年は前日に追悼中央大会が開かれ、当日には錦繍山太陽宮殿参拝と金正恩(キム・ジョンウン)第1書記への忠誠を誓う軍の決意大会が開かれた。今年は前日の16日に軍の忠誠大会が開かれ、17日に中央追悼大会が開かれ、その後に錦繍山太陽宮殿訪問が行なわれた。

 金日成(キム・イルソン)主席の死亡の時も1周年の中央追悼大会は命日の前日に、2周年では命日当日に開いており、このやり方を踏襲したとみられる。

 昨年の死亡1年では、直前の12月12日に人工衛星「光明星3号2号機」の打ち上げが成功し、金正日総書記の遺訓を貫徹したという興奮の余波の中で追悼行事が行なわれた。しかし、今年は12月8日の党政治局拡大会議での張成沢(チャン・ソンテク)氏の粛清、同12日の死刑判決と処刑という衝撃の直後に追悼行事が行なわれた。

 12月17日に平壌体育館で開催された金正日総書記死去2年にあたっての中央追悼大会は、張成沢氏粛清後の北朝鮮指導部の姿や今後の政治潮流を確認する場であった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順