「幻影国家=中央アフリカ」の危機と日本

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2013年12月22日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: アフリカ

 昨年(2012年)10月、この「アフリカの部屋」で、イスラム主義武装勢力に占拠されたマリ北部がテロリズムの温床となり、北・西アフリカの広い範囲に対して安全保障上の脅威となる可能性を指摘した(「大統領選後のアメリカ外交の隠れた焦点~西アフリカへの軍事的関与」)。

 その3カ月後、その指摘は極めて不幸な形で的中してしまった。2013年1月、マリ北部を活動拠点としていたテロリストのモフタール・ベルモフタール(Mokhtar Belmokhtar)率いる武装集団が、アルジェリア南部イナメナスの天然ガス・プラントを襲撃し、日揮の従業員ら日本人10人を含む38人を殺害したのである。

 マリでクーデターが発生したのは2012年3月、権力の空白に乗じて武装勢力が同国北部の分離独立を宣言したのが同年4月である。この時、それから1年足らずで多数の日本国民が犠牲になる事件が起こることを予測した人は、多分いない。私自身、日本国民が多数犠牲になる事件の発生は想像もしなかった。アルジェリアの事件は、ともすれば中国と北朝鮮の軍事的脅威にばかり目を奪われがちな我々に、地球の反対側の国の平和と安定なくして日本国民の安全は守れない現実を改めて教えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順