ドイツの退屈な女王

名越健郎
執筆者:名越健郎 2005年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 ドイツ史上初の女性宰相、アンゲラ・メルケル・キリスト教民主同盟党首(51)は、「ドイツ版鉄の女」の異名と裏腹に、「地味で退屈な女性」といわれる。 牧師の娘で、物理学者として東ベルリンの研究所に勤務した。ベルリンの壁崩壊後、市民政党の報道官を務めていた時、ドイツ統一の父・コール元首相の目に留まって政界入り。「コールの娘」と呼ばれる。子供はおらず、再婚した物理学者の夫との二人暮らし。社民党との「大連立」では、主要閣僚ポストを社民党に奪われ、「権力なき女王」(週刊誌シュテルン)になりかねない。520万人という戦後最悪の失業者、欧州で最低レベルの成長率、東西の経済格差など前途は多難だ。 問 大増税路線のキリスト教民主・社会同盟と経済無策の社民党による大連立政権でささやかな財産を形成する方法は? 答 その前に膨大な財産を持つことだ。 メルケル首相がいつもの憂鬱な表情をしていると、神が現れた。「初の女性首相なのに元気がないな。君の願いをかなえてあげよう」「では、失業者をなくし、ドイツ経済を復活させてください」「それは無理だ。別の願いにしてくれ」「では、私をミス・ドイツ・コンテストで優勝させてください」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順