憲法改正をめぐる「政界対立軸」の大変貌

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2006年1月号
カテゴリ: 政治 金融
エリア: 日本

いつの間にか、自民党内の考え方もガラリと変わっていた。新たな政界構図のなかで、改憲はどう論議されていくのか。「今日の憲法は一番大事なところを外しておる。だから私は怒った。あれは『第一次』草案で、いずれ『第二次』草案を作らないといけないんです」 十一月二十二日、東京・品川の新高輪プリンスホテル。自由民主党立党五十年を記念する党大会で、新憲法起草委員長を務めた森喜朗前首相が誇らしげに新憲法草案を読み上げた。立党五十年にして、初めての快挙。ところが、それを聞く改憲の大御所、中曽根康弘元首相の表情は深く曇っていた。同氏は早々に会場を後にし、その足で都内の別のホテルで開かれた憲法問題のシンポジウムに出席し、冒頭の痛烈な草案批判を吐き出した。 中曽根氏は草案の前文執筆を委任された。長年温めた改憲にかける思いを「美しい島々」「国を愛する国民の努力によって国を守る」「和を以て尊しとなす」などの文言に込めて文面を練り上げた。しかし、完成した草案でこうした文言はきれいに消されていた。起草委事務局次長の舛添要一参院議員は記者団にその理由を「情緒的なものは憲法にそぐわない」「憲法は個人の歴史観で書くべきではない」と語り、中曽根前文のエッセンスを真っ向から否定した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順