「欧州の病人」ウクライナの進路

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年1月8日
エリア: ヨーロッパ ロシア

 1991年にソ連邦が崩壊した際、ドイツ銀行は旧ソ連を構成した15新興国の報告書を出し、「適正な面積、人口、民度の高い国民を持つウクライナの将来性が最も有望」と予測していた。ウクライナの面積はロシアを除けば欧州最大で、当時の人口は5000万人とフランスに匹敵。東部にソ連最大の工業地帯を抱え、技術者の水準も高かった。広大な黒土地帯があり、日照時間が長く、欧州最大の穀倉地帯になるとされた。同銀行は、「ロシアは広大すぎて統治が困難」と将来性に否定的だった。

 

 だが、ドイツ銀行の予測は完全に外れた。国際通貨基金(IMF)の統計によれば、2012年のウクライナの1人当たり国内総生産(GDP)は3877ドルで、世界105位。ロシアは同1万4302ドルで、ウクライナの3.7倍。旧ソ連構成国では、バルト三国のほか、カザフスタン(1万1983ドル)、アゼルバイジャン(7450ドル)、ベラルーシ(6739ドル)、トルクメニスタン(6263ドル)がウクライナより上位にいる。

 

 独立から22年を経て「勝ち組」となったロシア、カザフ、アゼルバイジャンなどは石油・ガスが豊富で、エネルギー価格高騰の恩恵を受けた。これに対し、ウクライナはエネルギー資源に乏しく、主力の鉄鉱石の価格下落が影響したといわれるが、そればかりではない。独立以降、政争を繰り返し、市場改革というショック療法を回避し、技術革新や投資環境改善を怠り、問題を先送りにしたツケが、ウクライナを「欧州の病人」(モスクワ・タイムズ紙)にしたといえよう。5000万人いた人口は現在4500万人に縮小した。これは少子化以上に、失業した労働者が海外に出稼ぎに出たためだ。「ウクライナの最も競争力のある輸出品は若い女性」という笑えないジョークがある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順