「張成沢粛清」のトラウマ抱え「唯一領導体系」強化へ

平井久志
執筆者:平井久志 2014年1月8日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島
 1月1日、「新年の辞」を発表する金正恩氏(写真は朝鮮中央通信が2日に配信)(C)EPA=時事
1月1日、「新年の辞」を発表する金正恩氏(写真は朝鮮中央通信が2日に配信)(C)EPA=時事

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が2014年元日に「新年の辞」を肉声演説で発表した。昨年、金日成(キム・イルソン)主席の1994年の「新年の辞」以来19年ぶりに肉声演説をしたのに続くものであった。党機関紙「労働新聞」がこの「新年の辞」に付けたタイトルは、「われわれの運命であり、未来であられる敬愛する金正恩同志を千万年高く奉じていきます」であった。

 「新年の辞」は昨年12月の張成沢(チャン・ソンテク)氏の粛清、処刑という「トラウマ」を抱えながら、自身による「唯一領導(指導)体系」を強化していこうという金正恩第1書記の決意表明だった。張成沢氏粛清のトラウマのせいか、体制の統制強化を優先させ、政策面では南北関係でやや融和的な姿勢を見せた以外は、新味に乏しい内容であった。

 

「なぜ見抜けなかったのか」

 金正恩第1書記は、張成沢氏という名前に言及することは避けながら「わが党は昨年、強盛国家の建設をめざす誇りあるたたかいの時期に、党内に潜んでいた宗派(分派)の汚物を除去する断固たる措置を取った」とし、張成沢氏は「宗派(分派)の汚物」とされた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順