国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(46)

「奈良の雑煮」で考える「物言わぬ歴史の残像」

関裕二
執筆者:関裕二 2014年1月10日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 お雑煮と古代史には、不思議なつながりがある。

 お正月に雑煮を食べるのは、一種の神事だ。年神(正月、家に来訪する神)に供えて、神の力を餅に移し、それを食すことによって、神から御利益をいただく。お雑煮は、古い信仰に由来している。

 それだけではない。「餅の形」が、巡り巡って古代史とつながっているのだ。

 

「東」と「西」の差

 興味深いのは、東日本と西日本では、餅の形も調理の仕方も違うことだ。

 おおまかにいってしまうと、東日本は、角餅を焼いて煮る。西日本は、丸餅を焼かずに煮て食す。なぜか、あべこべなのだ。

 東西日本で食の嗜好に差があることは、よく知られている。東海道線の名古屋から関ヶ原付近にかけて、掛けそば(うどん)の汁の色が変わる境界線が存在する。それはちょうど、西日本の照葉樹林帯、東日本の落葉樹林帯という植生の分かれ目ともほぼ重なっていて、東のサケ、西のブリという魚の好みも、ほぼこのラインで入れ替わる。

 なぜこのような差が生まれたかといえば、最大の原因は、縄文時代の人口が、東に偏っていたからだろう。

 弥生時代や古墳時代のみならず現代に至っても、東日本に縄文的な文化が残ったし、西から東に向けて、渡来系と縄文系のなだらかな人種差の勾配が確認できる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順