インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

CIA対チェィニー「最終戦争」リーク合戦から浮かび出る真実

春名幹男
執筆者:春名幹男 2006年1月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 日本では米中央情報局(CIA)長官の公式の肩書が変わったことはあまり知られていない。情報機関改革法の成立以前は、正式には中央情報長官(DCI)と呼ばれていた。しかし、今の肩書はDCIAである。Dは長官のDだ。 DCIは形式的には、全部で十五ある米国の情報機関すべてを束ねていたが、それに代わって国家情報長官(DNI)が登場したため、CIAだけを率いるCIA長官に“成り下がった”というわけだ。毎朝の大統領への情報ブリーフィング(PDB)もDNIがやる。CIA長官は幅広い権限と大統領へのアクセスを同時に失ったのである。 CIAでは二〇〇四年テネット前長官が辞任してゴス長官が就任した後、ナンバー2、3を含め五人以上の上級幹部が退任、秘密工作部門の幹部らも次々に辞めた。旧フセイン・イラク政権の大量破壊兵器保有の有無をめぐる失敗などでCIAは形の上では責任を取った。 だが、政治的責任はまだ誰も取っていない。そんなCIA側の怒りが、起訴されたルイス・リビー前副大統領首席補佐官の背後から聞こえてきそうだ。 CIA工作員名漏洩事件は、実はCIAとチェイニー副大統領の“情報戦争”だった。 前補佐官の起訴状に、その断面が明記されていた。二〇〇三年六月二十三日、リビー氏は当時ニューヨーク・タイムズ紙のジュディス・ミラー記者に対し、CIAは「恣意的にリークする」とこぼしたというのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順