「日米合作」で歪められた米国産牛肉の輸入再開

2006年1月号
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 北米 日本

 牛海綿状脳症(BSE)の発生で約二年間停止している米国産牛肉の輸入が、生後二十カ月以下の若い牛に限り、近く再開される見通しだ。 限定条件の最大の根拠は、日本で生後二十一カ月と二十三カ月のBSE感染牛が確認されたという事実があるからにすぎない。今回の解禁は懸案をひとまず解決したいという日米両政府の思惑だけが先行した中途半端な打開策だ。そのため、今後輸入条件が蒸し返され、改めて政治問題化する可能性は極めて高い。 輸入再開の条件をめぐる日米交渉が迷走した最大の要因は、農林水産省と外務省の二元外交だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top