安倍「靖国参拝」に「異例の激辛コメント」をした台湾・馬英九総統

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2014年1月16日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 中国・台湾

 安倍首相が靖国神社に参拝したことに対し、台湾の馬英九総統が1月12日にフェイスブックで発表した激辛のコメントが、日台の外交関係者の間で話題になっている。なぜなら、台湾の外交部(外務省)が比較的穏健なコメントをすでに出しているのにもかかわらず、非常に強烈な言葉で日本を批判しているので、さまざまな憶測を呼んでいるのだ。

 馬総統は「昨年12月26日、日本の高官が靖国神社を参拝し、中国大陸、韓国に譴責され、我が国も強い関心を示し、米国には失望を与え、再び、東アジア地域の安全保障に不安定の種をまいた。中華民族の1人として、隣国の歴史における傷跡と痛みを顧みない日本政府行動は、理解しがたく、失望するしかない」と書いている(https://www.facebook.com/MaYingjeou参照)。

 同じ文章の中では、日本の尖閣諸島問題についてもかなりの字数を割いて厳しい批判を加えているが、これに比べて中国の防空識別圏の設定については、台湾もその範囲が重複した形となったが、馬総統は「東シナ海の情勢を緊迫させた」と客観的に触れるだけで、その扱いの差は明瞭。「親中反日」というイメージを避けようとしてきた馬総統らしからぬ態度となっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順