中国が安倍「アフリカ訪問」を激烈批判

平野克己
執筆者:平野克己 2014年1月22日
エリア: アフリカ 日本

 安倍首相がアフリカ歴訪を終えてエチオピアを発った翌日、1月16日に、解暁岩駐エチオピア中国大使がアフリカ連合(AU)本部で記者会見を開いた。日中戦争時代の写真を振りかざしながら、「安倍首相は中国を脅威として表現することに熱心で……地域の緊張を高めており」「日本軍国主義の復活を果たそうとしている」「今回のアフリカ訪問も”中国封じ込め政策”の一環だ」と語り、日本を「アジア最大のトラブルメーカー」と称した。感情を露にした激烈な会見だったらしい。本国からどのような訓令が出ていたかは知る由もないが、中国外交の品の無さを露呈させた内容である。

 すでに8日の段階で中国外交部報道官は、安倍首相のアフリカ歴訪について、「ある国がアフリカ諸国を利用して中国と張り合おうとしても決して思うようにはいかない」と言っており、さらに「中国は誠実で私欲のない援助をアフリカに提供している。アフリカで覇を争うような行為は間違っており、必ず失敗に終わる」とコメントしていた。また、安倍首相の数日前にエチオピアを訪問した中国の王毅外相は、「アフリカ諸国との偏狭な協力関係のもとで行われる援助は、政治的な利益や、対抗勢力に対抗するために行われることだ」と演説している。数年前に欧米諸国が中国のアフリカ攻勢について言っていたことを、今度は中国が、日本に対して投げつけている感じである。一方日本側は、谷口智彦内閣官房審議官が、「(日本は)アフリカの指導者たちに豪華な官邸や庁舎を提供することはできない」が、かわりに「人的資源を支援する」のだと、BBCのインタビューに答えている。互いにチクチクと刺し合っていたわけだが、解大使の口上は冷戦時代を想起させる異常とも言えるものだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順