饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(188)

初めて明かされた「日本と欧州ワイン」の深い繋がり

西川恵
執筆者:西川恵 2014年1月21日
エリア: ヨーロッパ
 画期的な論文をまとめた野澤氏(筆者撮影)
画期的な論文をまとめた野澤氏(筆者撮影)

 昨年12月、東京・恵比寿の日仏会館で「ワインをめぐる人と風景」とのタイトルでシンポジウムが開かれた。ワインがさまざまな文化の交流と対話を仲介するツールとなっていることを考察したシンポジウムだが、この中で日仏会館フランス事務所の協力研究員、野澤丈二氏が「江戸期における欧州産ワインの普及」という興味深い報告を行った。

 報告は次のような内容だった。

 

 1、江戸時代、オランダの東インド会社の貿易船は毎年、長崎・出島のオランダ商館にワインを運んできたが、その量は伸び続け、17世紀末には年間3000-4000リットルになっていた。

 2、日本に運ばれたワインの7、8割がスペインのワイン。残りがフランス、ポルトガル、ケープ(現在の南アフリカ)など。欧州から日本に着くまで1年がかりで、2度赤道を越える。スペイン産ワインが選ばれたのは当時のオランダ・スペイン関係と共に、スペインワインが旅に強かったことがある。

 3、初めのころ、ワインは商館に滞在するオランダ人の個人消費用だったが、次第に日本人の間に普及していく。まず日本人の役人を接待するのに使われ、続いて将軍をはじめとする高位役職者への贈り物に利用され、ついには日本人相手に販売もされるようになった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順