民主主義を疑ったメンケンのジャーナリズム

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年1月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 アメリカのジャーナリズムはどうなってしまったのだろうか。そう考え込まされるような出来事がこのところ相次いでいる。 核や生物・化学兵器の拡散問題に詳しいニューヨーク・タイムズの花形女性記者ジュディス・ミラーが、ブッシュ政権高官らによる対イラク開戦ムードづくりの世論操作に利用されていた疑いが強まり、十一月事実上の退職勧告を受けて辞職した。 ミラー記者は、ホワイトハウス高官(既に辞任)が中央情報局(CIA)女性工作員の名前を違法に外部に漏らしたとされる事件で、名前を耳打ちされた一人だった。捜査当局の取り調べに「ニュースの出元は絶対明かさない」という原則を収監されても守り抜き、ついこの間までは「報道の自由」を守ったヒロインとして持ち上げられていた。世は有為転変だ。 高官に名前を明かされたためCIA工作員としての命を絶たれた女性の夫は外交官で、対イラク開戦の不当性を早くから指摘していた。高官は「イラク戦争批判封じ」の嫌がらせにミラー記者を利用しようとしたわけだ。その高官は対イラク開戦の急先鋒だったタカ派で、対イラク開戦前ミラー記者に大量破壊兵器に関する「特ダネ情報」も漏らしていた。 ニューヨーク・タイムズはミラー記者の「特ダネ」を有り難がって掲載し、世論は挙げて「イラク怖し」のムードを煽られたが、結局そんな兵器は実在しなかった。情けない顛末だ。裏にはタカ派高官やその後ろ盾だったチェイニー副大統領とCIAの確執も見て取れた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順