タイ・プレミアリーグの前途洋々

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2014年1月24日
カテゴリ: スポーツ 国際
 1月17日、Jリーグの次期チェアマンに就任が決まり、大東和美チェアマン(左)と握手する村井満氏 (C)時事
1月17日、Jリーグの次期チェアマンに就任が決まり、大東和美チェアマン(左)と握手する村井満氏 (C)時事

 カレン・ロバート、茂庭照幸、岩政大樹、西紀寛、橋本早十、田原豊、杉本恵太……。

 Jリーグファンならおそらくなじみのあるこの選手名の並びを見て、何を意味しているかすぐわかる人は、そうとうなアジアサッカー通である。

 答えは、来季からタイ・プレミアリーグに移籍する選手たち(カレンは去年の夏からすでにスパンブリーFCの一員)。獲得には失敗したが、バンコク・ユナイテッドFCが昨夏に交渉した、松井大輔の名を加えてもよい。

 選手だけではない。元ヴィッセル神戸監督の和田昌裕氏も、タイの強豪チョンブリFCの監督に就任している。チョンブリFCでは、すでに元日本代表GK(ゴールキーパー)コーチの加藤好男氏がGKコーチを務めており、その活動を見込まれて、今ではタイ代表のGKコーチも兼任している。

 Jリーグで活躍したこれだけの大物選手・指導者たちがいっせいにタイへ向かうというのは、かつてない現象である。前回紹介したJリーグのアジア戦略が、これを後押ししていると見てよい。リクルート本社でアジア担当の執行役員だった村井満氏が今月末にJリーグ新チェアマンに就任するのも、そのための布陣だ。アジア戦略のうちでも、タイは最重要地域なのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順