建築物「強度偽装」は新たな形の組織犯罪だ

執筆者:宮脇磊介 2006年1月号
カテゴリ: 社会 金融
エリア: 日本

日本経済の“マフィア化”は、払拭されるどころか、強まっている。反社会的企業シンジケートによる悪質な詐欺は今後も起きるだろう。 コンサルタント会社・総合経済研究所の指南の下、住宅建設・販売業者の木村建設、ヒューザー、シノケンの三社と姉歯建築設計事務所が偽造し、民間検査会社イーホームズと日本ERIが見逃した構造計算書に基づいてマンションやホテルが建設・販売され、現在、世間を揺るがしている耐震強度偽装問題は、日本の闇社会(shady society)の一角に登場した新たな形の組織犯罪(organized crime)として捉えなければ、事の本質は見えてこない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順