北方領土の終わらない戦後

名越健郎
執筆者:名越健郎 2006年1月号
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア 日本

 11月21日の日露首脳会談は、プーチン大統領が北方領土問題で一歩も譲らず、強硬姿勢が目立った。 その伏線は、5月の対独戦勝記念式典後の記者会見で垣間見えた。大統領は、バルト3国のラトビアがロシアの実効支配地域を「固有の領土」として要求したことに、「領土の代わりに死んだロバの耳をくれてやる」と罵った。 さらに「固有の領土というなら、クリミア(ウクライナ)やクライペダ(リトアニア)を返してくれ」と発言。ソ連解体で失ったロシアの「固有の領土」に言及し、「固有の領土論」が通用しないことを指摘した。ソ連のバルト3国併合批判には、3国を「大国間取引の小銭だ」と言い放った。 さすがに日本では「ロバの耳」発言はなかったが、戦勝60周年でロシアに奇怪なナショナリズムが高揚する現状では、領土返還は期待できない。 日露首脳会談で、小泉首相が4島の日本への帰属確認を迫った。 プーチン大統領は妥協案を示した。「仕方がない。4島が日本に帰属することを認めよう。本州、九州、北海道、四国は日本のものだ」 プーチン大統領が遂に、北方領土返還を決断した。すると、その翌日、クレムリンに各国首脳から電話がかかってきた。 メルケル独首相「大統領、カリーニングラードも頼みます」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順