「外交ショー」の効用――米・アフリカ首脳会議

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2014年1月27日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: アフリカ 北米

 米国政府が1月21日、米・アフリカ首脳会議(U.S.-Africa Leaders Summit)を今年8月5、6日にワシントンで開催すると発表した。ホワイトハウスによると、アフリカ大陸の47カ国の首脳を招待するという。アフリカの首脳を一堂に集める会議を米政府が主催するのは初めてのことだ。

 

 アフリカの首脳をまとめて招待する会議を世界で最初に発案し、実行に移したのは日本政府だった。1993年から5年に1度のペースで開催している「アフリカ開発会議(TICAD)」で、これまでに計5回が東京と横浜で開催された。中国政府は2000年から3年に1度のペースで「中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)」を主催しており、中国国内とアフリカ大陸内で交互に開催している。この他に、あまり知られていないだろうが、イラン政府が2010年9月にテヘランで開催した「イラン・アフリカ共同思想会議」などというアフリカの首脳を集めた会議もある。

 

 21年前に日本政府が初めてTICADを開催した時、欧米のドナー国や国際機関の間には「アフリカは成長できない」というアフロ・ペシミズムが広がり始めていた。そうした状況下でTICADという斬新な国際会議を企画した日本外交は「アフリカに世界の目を向けさせた」と称賛された。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順