国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(47)

「魔鏡」は何に使われたのか

関裕二
執筆者:関裕二 2014年2月10日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本
 三角縁神獣鏡のレプリカが光を反射して映し出した裏面の紋様 (C)時事
三角縁神獣鏡のレプリカが光を反射して映し出した裏面の紋様 (C)時事

「魔鏡発見!!」と、久しぶりに考古学の元気なニュースが飛び込んできた。

 3世紀後半から4世紀の東之宮古墳(愛知県犬山市)出土の三角縁神獣鏡を3Dプリンターで再現し、日を当てる実験をしたところ、鏡の裏面を映し出す魔鏡だったことがわかったと、京都国立博物館が1月29日に発表した。

 しかし残念なことに、厳密に言うと、これは魔鏡ではない。鏡の裏に紋様を施した銅鏡なら、ほとんどの鏡で同じ現象をみることは可能だからだ。薄くなるまで磨き込めば、鏡胎の厚さの差から目に見えないくぼみが生まれ、光が収斂し、鏡背面の紋様が映し出される。本物の魔鏡は、仏像やマリア像、十字架など、背面とは異なる紋様が浮かび上がるものなのだ。だから、発表は少しはしゃぎすぎではなかろうか。

 

「モノ」を利用した統治

 ここで見誤ってはいけないのは、この発見の本当の意味である。

 三角縁神獣鏡が映し出した映像は、原理を知らない古代の人びとを驚かせたにちがいない。そして、その様子をみてほくそ笑んでいたのが、為政者たちであった。

 三角縁神獣鏡はヤマト建国直後、畿内から各地の首長に配られた威信財で、「ヤマト連合に加わると、こんないいことがあるよ」と誘ったオマケのようなものだ。それでも、地方の首長にとっては、これが魅力だったのだろう。ヤマトが築きあげた新たな信仰形態を導入し、次々と繰り出される「人びとを驚かすトリック」を求めたにちがいないのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順