【月】「魔鏡」は何に使われた?

執筆者:フォーサイト編集部 2014年2月10日

先週末に藤沢数希さんの「結婚と離婚の経済学(23)『貧乏な男と結婚』より『金持ちの愛人』――結婚相手の選び方 その3」をアップロードしました。女性が自分より所得の低い貧乏な男性と結婚する経済的なメリットはあるのでしょうか? 結論から先に言うと、全くない、というのがその答です。結婚=金融商品と考えると導きだされる冷徹な結論。

本日の更新記事は、関裕二さんの「国際人のための日本古代史(47)『魔鏡』は何に使われたのか」です。先日、「魔鏡」と紹介された三角縁神獣鏡。おそらくは、「ヤマト連合に加わると、こんなにいいことがあるよ」と地方の首長に贈られたオマケのようなものです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順