饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(189)

異例の歓迎でようやく“実態が伴った”日・トルコ関係

西川恵
執筆者:西川恵 2014年2月13日
エリア: ロシア 中東
 ソチ五輪開会式では仲良く隣同士だった (C)AFP=時事
ソチ五輪開会式では仲良く隣同士だった (C)AFP=時事

 ロシアのソチ冬季五輪の開会式に出席した安倍晋三首相は貴賓席から日本選手団の入場行進に声援を送ったが、隣に座ったトルコのエルドアン首相と親しげに言葉を交わす様子がテレビ映像で流れた。エルドアン首相は1カ月前、日本を訪問したばかり。2人を並んで座らせたのはロシア側の配慮だろう。

 

トルコ親日の「ルーツ」

 エルドアン首相は1月6日から8日まで、エミネ夫人を同伴して来日した。安倍首相は昨年5月と10月にトルコを訪問しており、この時点で 3回目の顔合わせだった 。ソチで5回目となる会談を行ったプーチン大統領には及ばないが、日・トルコ関係を拡大強化したい両国の意欲が伝わってくる。エルドアン首相の来日には閣僚7人と経済人約100人が同行した。

 1月7日、東京・元赤坂の迎賓館の前庭で歓迎式典が行われた。エルドアン首相は公式実務訪問で、ふつう国賓訪問でない賓客の歓迎式典は官邸で行われる。これを迎賓館で行うと指示したのは安倍首相だった。この訪問を重視している意図がうかがえた。

 抜けるような晴天の下、自衛隊音楽隊による両国国歌吹奏、儀仗兵閲兵、衆参両議院議長と安倍内閣閣僚のエルドアン首相への紹介と、外交儀礼に則って行われた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順