「粛清後」の北朝鮮(上)トラウマと農業改革

平井久志
執筆者:平井久志 2014年2月12日
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)朝鮮労働党行政部長が「国家転覆(クーデター)陰謀」の罪で処刑されて約2カ月が経過した。党機関紙「労働新聞」など北朝鮮メディアには張成沢氏処刑以後は、これに直接関連する記事はほとんどなく、表面的には何事もなかったかのように事態は推移している。

 しかし、張成沢氏粛清以降、「労働新聞」に掲載される「社説」が激増した。2013年12月10日から2014年2月8日までに掲載された「社説」は実に26本に上る。「労働新聞」では「社説」は最も重要な記事で、住民に党や国家の方針を伝え学習の対象にもなる。日本の新聞のように毎日「社説」が掲載されるわけでなく、1週間に1度しか掲載されないことも珍しくない。しかし、張成沢氏が死亡して以降は2、3日に1回のペースで社説が発表されている。こんなに「社説」が数多く掲載されたことは最近ではあまり例がない。金正日(キム・ジョンイル)総書記が亡くなった時でもこんなに多くはなかった。

 北朝鮮の表面的な雰囲気は張成沢氏の粛清などなかったかのように推移しているが、「労働新聞」の社説の激増は、北朝鮮当局が張成沢氏粛清以降、住民統制、住民の向かう方向性に敏感になっている証拠だろう。平穏な雰囲気の中に張成沢氏粛清のトラウマは内蔵されている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順