災害救助ロボット「援竜」が活躍する日

執筆者:水木楊 2006年2月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

 遠く海外の出来事でも、災害を報じる悲惨な映像は記憶に焼きつく。昨年十月のパキスタン地震では八万人近くの死者が出た。倒壊した建物の下敷きになった犠牲者も多い。もう少し早く救助すれば一命を取りとめるケースもあろうが、倒壊物を注意深く取り除くのに時間がかかることがある。また、有毒なガスやアスベストなどで人が近づけないケースでは、救助が間に合わないことがしばしばある。 そんなときに活躍しそうな救助ロボットの開発が進んでいる。その名は「援竜」。その援竜を見に北九州へ飛んだ。北九州市消防局や独立行政法人・消防研究所とともに開発を進めているのは「tmsuk」(テムザック)。社員二十六人のロボット開発企業(資本金十億二千百三十五万円)である。 市の中央部、九州を縦に貫く国道三号に面して、グレーの外壁のしゃれた三階建ての建物があった。入り口に「Practical Robotic Solutions」のロゴがあるように、さまざまなロボットを開発している。たとえばオフィスや工場の巡回警備を行なう「アルテミス」や、外出先から携帯電話で家の中の様子を観察したり、動かしたりできる留守番用「ロボリア」などがある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順