権威に塗れなかった「懐疑主義の悪ガキ」メンケン

会田弘継
執筆者:会田弘継 2006年2月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 北米

 アメリカ政治の見物といえば党大会だろう。四年ごとの大統領選の年の夏、二大政党がそれぞれの大統領候補を選出する行事だ。とてつもなく華やかだが、どこかうさんくさい。そこがいかにもアメリカ的だ。 アメリカの二十世紀を代表するジャーナリスト、ヘンリー・ルイス・メンケン(一八八〇―一九五六)は、この党大会取材を愛し、半世紀近くすぐれた現場ルポを書き続けた。「陽気でけばけばしく、メロドラマのようで、猥雑で、思いがけぬ興奮を誘うかと思えば、ばかげてもいる舞台が突然現れ、一時間で素晴らしい一年を生きた気にさせる」 メンケンが党大会を描写した一節だ。彼がアメリカ政治へ注いだ眼差し、保った距離感がよく見える。 一九八〇―九〇年代にニューヨーク・タイムズ紙のワシントン支局長を長く務めたR. W. アップルは二〇〇四年夏、七十歳を迎える前に政治記者として最後の党大会を取材した際のコラム記事を、このメンケンの引用で結んだ。 有力紙ニューヨーク・タイムズのワシントン支局長といえば、時の政権に強い影響力を及ぼし得るポストだ。実際、五〇年代に同紙ワシントン支局長を務め、さらに編集幹部となったジェームズ・レストン(一九〇九―九五)は、米政治に長期間にわたり大きな影響力を持った。単に新聞紙上での著述活動によるだけでなく、政界インサイダーとしてケネディ大統領やキッシンジャー国務長官らの影の相談役になることで、影響力を行使した。メディアと政治を論じる『新聞の砲列』などの著書もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順