大阪「地域政党」への回帰を目指す「橋下維新」は再生可能か

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2014年2月18日
カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
エリア: 日本
 大阪市議会は橋下市長の辞職に同意せず…… (C)時事
大阪市議会は橋下市長の辞職に同意せず…… (C)時事

 大阪市の橋下徹市長(大阪維新の会代表)の辞職による出直し市長選挙が3月23日に行われる。2月1日に突如辞職を表明したのは、前日の1月31日に行われた「大阪都構想」の制度設計を話し合う「法定協議会」で、公明党が反対に回ったタイミングだったが、それはあくまで引き金。地盤沈下が著しい「維新」の再生に向けた「勝負」にいずれ打って出ることを迫られていた。橋下氏や同氏に近い府・市議は、原点とも言える「大阪都構想」を争点として掲げることで、大阪地域政党への回帰を狙っている。だが果たしてそれで求心力を取り戻すことができるのかどうか。

 

「怨念の政治」と化した選挙戦

「東京のメディアは、もう橋下維新は終わったと思っているかもしれませんが、大阪市民の思いは変わっていません」

 橋下氏に近い大阪維新の会の幹部は言う。大阪市民が橋下氏を支持してきたのは、地盤沈下が著しくこのままでは立ち行かなくなるのは明らかな大阪経済の立て直しを訴えてきたから。大阪市と大阪府を統合する「大阪都構想」は本来、そのための第1歩という位置づけだった。その大阪経済再興への市民の期待は変わっていない、というのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順