欧州テレビ業界に再編を余儀なくさせる通信統合トリプルプレー

2006年2月号
エリア: ヨーロッパ

 フランスの契約制有料テレビ最大手のカナルプリュスが一月九日、ライバルのTPSとの経営統合を決めた。カナルプリュスの親会社であるビベンディが新会社の八五%、TPSの親会社二社が残りの株式を持ち、ビベンディの傘下に入る。独禁当局の承認を得れば、時価総額七十億ユーロ(約九千億円)を超す国内最大の有料テレビ会社が誕生する。 カナルプリュスは加入者が仏国内で八百四十万、TPSは百四十万おり、ライバル関係にあった。二〇〇五年、仏のサッカー放映権入札でも争い、カナルプリュスが年六億ユーロで落札し、TPSに勝ったばかり。ともに利益を出しており、本来なら競争が続くはずだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順