結婚以外の「男女交際」と「家庭の作り方」のオプション

執筆者:藤沢数希 2014年2月23日
カテゴリ: 文化・歴史

 さて、前回は、日本の少子化のひとつの原因が、文化的な背景を含めた日本の結婚制度の欠陥にあると解説した。女性側から見たら、経済的に豊かな男性と結婚し子供を生み家庭を作る、という全てが手に入る可能性がある一方で、それ以外に家庭を作る方法があまりないのである。よって、一部の恵まれた女性だけが金も子供も手に入れる一方で、多くの残された女性たちが生涯にわたり未婚、子無しの人生を送ることを余儀なくされているのである。

 しかし、現在の日本で、子供を産む、産まないに関わらず、結婚だけが唯一の家庭を作る方法だと考えるのは間違っている、というのが筆者の主張だ。


 日本の結婚制度にまつわる法律が他の先進国と比べてとりわけ特殊だというわけでもないので、婚外子が極端に少ないという日本の状況は、法的なものというよりは文化的なものが原因なのである。


 そこで、今回は、日本の現在の法律の下で、結婚以外にどのような男女交際、家庭の作り方があり、その法的な権利義務関係がどうなっているのかを考えてみよう。以下の4パターンに分けることができる。

1.男女が子供を作らず、同居せずに交際する

 この場合は、双方に全く法的な義務も権利も生じない。当然だが浮気を含む不貞行為も自由だし、同時に何人と付き合おうと、こうした自由恋愛では法的には全く問題ない。交際を解消したい場合は、片方が交際したくないと言えば、それで完結する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
藤沢数希 理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(同)『「反原発」の不都合な真実』(新潮社)『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(ダイヤモンド社)など。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順