『キャプテン翼』の偉大な功績

星野 智幸
執筆者:星野 智幸 2014年2月24日
カテゴリ: スポーツ 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ
 2010年のW杯決勝戦で決勝ゴールを決めたイニエスタ(右)(C)EPA=時事
2010年のW杯決勝戦で決勝ゴールを決めたイニエスタ(右)(C)EPA=時事

 奇妙なシーンの写真がインターネット上に出回ったのは、2012年に行われたヨーロッパ選手権(ユーロ2012)のグループリーグ、スペイン対イタリアの試合の後だった。

 スペインのファンタジスタ、イニエスタが、クロアチアの選手5人に、まるで「かごめかごめ」でもして遊んでいるかのように、丸く取り囲まれている。

 そしてその横には、もう1枚のアニメの絵。1人のサッカー少年が、敵の選手5人の円陣に閉じ込められている。翼君はどうやってこの守備陣を突破するのか? アニメ版『キャプテン翼』の中の、有名なシーンである。

 出来すぎなほどに、そっくりだった。たちまちにして、イニエスタこは現実世界に現れたキャプテン翼だとして、世界中が沸いた。クロアチア戦でもイニエスタは5、6人のディフェンダーの輪に取り囲まれ、その写真は広まった。

 バルセロナの試合をよく見ている者なら、おなじみの光景である。危険なプレーヤーであるイニエスタの動きを封じようと、敵チームの選手が何人も寄ってきて、全方向からパスコースをつぶそうとする。

 だが、それはイニエスタの仕掛ける罠でもあるのだ。自分に敵の選手を何人も引きつけておいてから、その隙間を縫って、あるいは浮き球で、フリーの味方に決定的なパスを出す。それだけのスキルがあるから使える罠だ。だから、時にはあえて敵の密集に入り込んでいく。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
星野 智幸
星野 智幸 作家。1965年ロサンゼルス生れ。早稲田大学第一文学部を卒業後、新聞記者をへて、メキシコに留学。1997年『最後の吐息』(文藝賞)でデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞を受賞。著書に『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『水族』『無間道』などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順