「プーチンのクリミア計画」は実現するか

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年3月3日
エリア: ロシア

 ロシアによるウクライナ領クリミアへの軍事干渉は、まだ本格化していないとはいえ、ウクライナの分裂や東西の新冷戦につながる無謀な行為だ。プーチン政権には、2008年のグルジア戦争で欧米諸国は結果的に手を出せず、グルジア新政権が親露政策に舵を切ったという「成功体験」が念頭にありそうだ。

 

独立直後から分離志向

 筆者はソ連崩壊直後にクリミアを3度訪れたことがあるが、当時、最大の産業である観光がソ連解体で大打撃を受け、経済は麻痺していた。ガソリンスタンドは長蛇の列で、街中にロシア通貨ルーブルへの交換を求める市民が並び、エネルギー不足でホテルも昼間はお湯が出なかった。黒海艦隊本拠地セバストポリも訪れたが、時代遅れの老朽船ばかりで、部隊の士気も弛緩していた。

 しかし、ソ連最大の保養地だったクリミアの自然と気候はすばらしかった。特に「黒海の真珠」とされるヤルタは、亜熱帯の緑の植物群と紺碧の海、石浜のビーチ、帝政時代の街並みがマッチし、別天地だった。チェーホフの小説さながらに、帝政ロシア貴族が闊歩した雰囲気が海岸通りに残っていた。ロシアが「固有の領土」のクリミアをあっさり手放したのも驚きだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順