クリントンをいまさらブッシュが煙たがる理由

2006年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 ヒラリー・クリントン米上院議員の次期大統領選出馬の確率が高まる一方で、夫・クリントン前大統領の活動への不満の声が政府内から上がり始めた。前大統領が国連の第十四回「持続可能な開発国際会議(CSD)」に出席を予定していることについて、米国務省が国連側に「深刻な憂慮」を表明したという。 会議は五月にニューヨークの国連本部で開かれ、約百五十カ国の代表が参加して環境や資源問題などを論議する一大イベント。前大統領は英石油大手BPのブラウン会長やウォルフォウィッツ世界銀行総裁とともに講演を行なうことになっていた。 これに国務省が異議を唱えたのは、国連会議の場で、ブッシュ政権と異なる政策を主張する可能性が高いため。加えて、環境保護論者とのイメージが強い妻のヒラリー議員と連れだって歓迎レセプションに参加し、大統領選立候補の派手なアピールを、国連という大舞台で繰り広げるのではないかとの懸念もあるようだ。 今年に入って、前大統領の動きは急速に活発化している。一月にはダボス会議に出席、二月には民主党の牙城であるニューオーリンズのハリケーン被災地を訪問した。 国務省は、前大統領がCSD会議への参加を強行すれば、招待状をすでに受け取っているライス国務長官やウォルフォウィッツ世銀総裁らの参加を見直すしかないとの姿勢だ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順