プーチンが狙う「ミニ・ソ連」の野望とは

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年3月10日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ヨーロッパ ロシア

 ロシアが実効支配したウクライナ領クリミア自治共和国で、ロシアへの編入の是非を問う住民投票が3月16日に実施される。これを受けてロシア下院はクリミア併合を可能にする憲法改正作業を進めている。国際社会は一切無効と非難しているが、ロシアは国際的孤立を無視して突っ走る構えだ。

 

21日にも改憲成立か

 住民投票では、(1)クリミアのロシア連邦編入を支持するか(2)クリミアは自治を大幅に拡大してウクライナ領にとどまるか――の2つの設問が問われる。3万のロシア軍が展開する中での恐怖投票で、ロシア編入が7割以上の支持を集めるとみられている。クリミア議会はすでに、警察組織や自治共和国の機関をウクライナ政府から分離する決定をしており、ロシア編入の既成事実化を進めている。

 ロシア下院の与党系・公正ロシアのミロノフ代表は、クリミアなど他地域のロシア連邦併合を可能にする改憲案を下院憲法委員会で審議しており、3月21日に本会議第1読会を行い、同日中の成立もあり得ると述べた。改正案は「外国に実効的統治権を持つ政権がない場合、住民投票の結果などに基づきロシア連邦に編入できる」としており、クリミア以外にも適用し得る。下院に議席を持つ4党すべてがクリミア併合を支持。7日にはモスクワでクリミア編入を歓迎する6万人の官製集会が行われた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順