【ブックハンティング】徹底した「現場主義」がアルカイダの足跡を洗い出す

執筆者:小川忠 2006年3月号
カテゴリ: 国際 書評

 テロが止まらない。世界を震撼させた9.11事件以降、国際社会はテロの根絶に血まなこになって取り組んできた。にもかかわらず悪性ウイルスが拡がるように、世界各地で国際テロ組織アルカイダが引き起こしたテロが発生している。 アルカイダと聞くと、我々の視線は、首魁オサマ・ビンラディンの潜伏先とされるアフガニスタンやパキスタン、連日テロが発生するイラク、欧州のイスラム系移民社会に向かいがちだ。確かに対テロの主戦場は中東、南アジア、欧州というのは常識的な捉え方だ。だが、インドネシアでたびたび大規模なテロが繰り返されているにもかかわらず、アルカイダの東南アジアでの活動について本格的に論じた本はそれほど多くない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順