胡錦濤は、なぜいま「生活作風」に切り込んだのか

執筆者:藤田洋毅 2006年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

党や軍、行政府の幹部・官僚の腐敗はあとを絶たない。業を煮やした胡は、腐敗に必ずと言っていいほど付きまとうものに目をつけた。「こりゃ、わが高射砲より正確な照準だ!」――ソファでのけぞりながら大笑いするのは、中国軍中央の佐官級幹部だ。北京中心部から車で約一時間半、隣接する河北省某市のカラオケバーに繰り出し、三十畳ほどのVIP用個室でバー自慢の「ショー」を楽しんでいる。目の前のテーブルにのった下半身あらわなホステスは、ピンポン玉を陰部に挿入し天井に向け発射する技を披露、続けてやはり下半身でビール瓶の栓を抜いたり綱引きしたり……。同行の運転手・部下も一緒に大騒ぎ。店への支払いは、招待した内陸部のある私営企業の経営者まかせだ。軍ナンバーのアウディで乗りつけた一行は、数時間後に赤ら顔の運転手が高速道路を猛スピードで飛ばし帰京したという。経営者の知人で、宴に呼び出された日本人ビジネスマンは、唖然とした顔つきで一夜を語った。 私営企業の経営者が、特権や威光を後ろ盾にしようと幹部を派手に接待するのは珍しくない。だが「北京も不便になったもんだよなあ」という幹部のぼやきは聞き逃せない。これまでは北京市内でも同じような乱痴気騒ぎが繰り広げられていたのだが、「いろいろとうるさくなった」からである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順