横田夫妻が生み出した「日朝」新局面(上)「モンゴルでの面会」の深層 

平井久志
執筆者:平井久志 2014年3月24日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 朝鮮半島
 3月17日に記者会見した横田夫妻 (C)時事
3月17日に記者会見した横田夫妻 (C)時事

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさんの父・滋さんと母・早紀江さんが3月17日、記者会見し、3月10日-14日の間にモンゴルの首都ウランバートルで、孫でめぐみさんの娘キム・ウンギョンさんと初めて会ったことを明らかにした。

 長く停滞していた拉致問題が動き出したことを告げるニュースだった。

 会見に出た横田夫妻は喜びに満ちた表情で面会を説明した。滋さんはいつもにこにこしながら話をするが、早紀江さんがこんなにこやかな表情で語る姿は珍しく、本当に嬉しかったのだと実感した。

 娘のめぐみさんを拉致されて37年。その苦しみに耐えながら2002年にウンギョンさんの存在を知った。それから12年である。「北朝鮮に利用されるから」と孫との面会を自制してきた。これはある意味では残酷な話だ。横田夫妻は娘の拉致ということに37年耐え、そこに孫がいると分かっているのに会えないという苦しみにも12年間耐えてきただけに、喜びもひとしおだったのだろう。

 

状況を動かした横田夫妻

 横田夫妻が帰国した翌日の3月15日にはメディアの一部が取材に動いたが、結局は、読売新聞が16日朝刊の1面トップでスクープした。読売新聞の記事はニュースソースを「複数の政府筋」としている。これが事実なら、一部メディアが取材に動いたため、日本政府筋が「もう隠せない」と読売にリークしたのではとみられる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平井久志
平井久志 ジャーナリスト。1952年香川県生れ。75年早稲田大学法学部卒業、共同通信社に入社。外信部、ソウル支局長、北京特派員、編集委員兼論説委員などを経て2012年3月に定年退社。現在、共同通信客員論説委員。2002年、瀋陽事件報道で新聞協会賞受賞。同年、瀋陽事件や北朝鮮経済改革などの朝鮮問題報道でボーン・上田賞受賞。 著書に『ソウル打令―反日と嫌韓の谷間で―』『日韓子育て戦争―「虹」と「星」が架ける橋―』(共に徳間書店)、『コリア打令―あまりにダイナミックな韓国人の現住所―』(ビジネス社)、『なぜ北朝鮮は孤立するのか 金正日 破局へ向かう「先軍体制」』(新潮選書)『北朝鮮の指導体制と後継 金正日から金正恩へ』(岩波現代文庫)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順