クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

遠慮会釈ないハマスが持ち込んだ絶望

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2006年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 英語になりにくい日本語の一つに「遠慮」がある。含みの多い語なので、使う人の立場や背景を知らないと正しく翻訳できない。 日本の赤軍兵士三人がイスラエルのテルアビブ空港で自動小銃を乱射した(死者二十六人)一九七二年五月、私は羽田空港へ駆けつけ、取り敢えず「テルアビブ一枚」と切符を買った。それからカウンターの上に「ABCブック」を広げ、最も早く現地に着く便を探した。 JALはユダヤ国家には着陸しない。なぜならイスラエルはアラブの不倶戴天の敵だし、アラブは日本へのアブラの大供給源(下手な駄ジャレ)だから、日本航空はアラブに遠慮してユダヤの土を踏まないのである。 コンピュータが未発達の時代に、世界中の空港を発着する全定期便を検索できる電話帳より分厚いABCブックは、新聞記者の最良の友だった。それを繰って、私はバンコクでTWAに乗り換え、最も早く取材現場に着いた。イスラエルの首都はエルサレムだが、「エルサレムは我らの聖地だ」と叫ぶイスラム教徒に遠慮し、日本政府は大使館をテルアビブに置いていた。 もう一度、中東の現場に行ってみたい気がする。今度は日本人によるテロの取材ではなく、ユダヤ人殲滅を誓うパレスチナのテロ集団ハマスが手に入れたガザを見たい。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順