深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治(169)

「野党」より「与党」が気になる安倍政権の「火種」

2014年4月1日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本
 3月28日午後、首相官邸の庭に咲いた桜を観賞する安倍晋三首相 (C)時事
3月28日午後、首相官邸の庭に咲いた桜を観賞する安倍晋三首相 (C)時事

 国の2014年度予算案の国会審議は、淡々と終わった。3月20日に予算は成立、戦後3番目の早さだった。

 もちろん、このことだけをもって安倍晋三首相の政権運営がすべて順調だと言えるわけではない。

 集団的自衛権の行使容認問題では、自民、公明両党間に亀裂が生じ始めている。それどころか、自民党自身の内部で反対論が強まっている。原発再稼働問題でも賛否両論がある。さらに、4月1日の消費税率引き上げの影響も気になるところだ。しばらく様子を見なければ何とも言えないが、増税の副作用で景気が冷え込めば、長く続いた安倍人気も下火になる。内閣支持率が下がり、与党内から「安倍降ろし」の声が出始めてもおかしくない。

 そういう厳しい状況に置かれた安倍首相だが、運に見放されてはいないようだ。野党の現状が2つの意味で安倍首相を後押ししている。1つは、野党が混乱に陥って力を失っており、安倍政権が野党に足をすくわれる危険性が小さいこと。2つ目は野党内に安倍首相の応援団が存在していることである。

 

心強い援軍

 3月18日夜、自民党本部から歩いてわずか1-2分の場所にある中華料理店で、東京都知事選に出馬して敗れた元航空幕僚長の田母神俊雄氏の慰労会が開かれた。すでに新聞で報じられているとおり、この席上、田母神氏は国政への転身を示唆した。日本維新の会の石原慎太郎共同代表が「都知事選はいい戦いだった。今度はぜひ国政へ」ともちかけたところ、田母神氏は空幕長経験者らしく次のようなたとえ話で答えた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順