クリミア介入「旧KGB同僚4人」で決定か?

名越健郎
執筆者:名越健郎 2014年4月1日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: ロシア

 ロシアの電撃的なウクライナ領クリミア編入に至る政策決定の経緯はナゾだが、断片的な情報がメディアで報じられている。プーチン大統領を中心に、一握りのシロビキ(武闘派)による密室決定だった模様で、事実なら、1979年末の電撃的なソ連軍アフガニスタン侵攻を彷彿とさせる。

 

アフガン侵攻型

 ニューヨーク・タイムズ紙(3月7日付)が当局者や専門家らの話として報じたところでは、クレムリンがクリミアへのロシア兵派遣を決断したのは、2月25日夜か26日未明。決定に関与したのは、プーチン大統領のほか、セルゲイ・イワノフ大統領府長官、パトルシェフ安保会議書記、ボルトニコフ連邦保安局(FSB)長官の4人という。いずれもサンクトペテルブルク派で、1970年代後半から80年代初期、KGB(ソ連国家保安委員会)レニングラード支部でプーチン氏の同僚だった。

 

 同紙は、「クリミア軍事干渉の決定は、安保会議ではなく、プーチン大統領が最も信頼する一握りの最側近グループによって秘密裏に下された。外務省幹部や、経済的打撃や欧米の反発を考慮する比較的リベラルな側近らは排除された」としている。それは、2012年に大統領に復帰したプーチン氏が、国内リベラル派のデモや欧米の人権非難に直面し、保守主義を強めた証左だと同紙は分析した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順