インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

FBIが「ネタ元」を追及するイラク開戦の口実となった「偽文書」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2006年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東 北米

 二十一世紀が明けた二〇〇一年元日の深夜から二日未明、ローマの在イタリア・ニジェール大使館にコソ泥が侵入した。金目の物は盗まれなかったが、公式レターヘッドの書簡紙や大使館の印章がなくなっていた。 ワシントン・ポスト紙は事件の発生を一九九一年としているが、冒頭のように伝えた地元紙レプブリカの調査報道が正しいようだ。これが、四年後ブッシュ政権を揺るがすことになる大事件の第一幕だった。 コソ泥の犯人は不明だが、ニジェール政府の公式書簡紙を使った偽文書の売り込みを図った人物は判明している。ロッコ・マルティノ氏という白髪の情報屋だった。 今年二月二十二日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルが一面に彼の写真を掲載した。イタリア国防情報局(SID、情報軍事保安局=SISMIの前身)の機関員だったが、行状が悪くてクビになり、情報屋をしていた。 偽造された書簡コピーには、イラクの旧フセイン政権が二〇〇〇年当時、ニジェールからウラン鉱五百トンの入手を図ったとする内容が書かれていた。 〇三年一月、ブッシュ大統領が行なった一般教書演説に、その情報が盛り込まれ、イラクの核兵器開発は開戦理由の一つにされた。 この問題は、米中央情報局(CIA)工作員名漏洩事件、情報源に関する証言を拒否したニューヨーク・タイムズ紙記者の収監、さらにチェイニー副大統領の当時の首席補佐官リビー氏の起訴にまで発展したのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順