ネット上で激増する「個人情報」取込み広告

2006年4月号
カテゴリ: IT・メディア 社会
エリア: 日本

知らないうちにあなたは“顔の見える消費者”にされている。ネット検索や購買の履歴によって、どんどん個別広告が届くようになるのだ。 進化し続けるインターネットの世界で、消費に関する主導権の主客逆転が起ころうとしている。それはインターネットの進化形として姿を見せつつある「Web2.0」という概念が、初めて経済的な意味を持ち始めたということでもある。新たなメディアとして存在感を強めつつあるインターネットの基本的な収入源もやはり広告だ。しかし、その広告手法はテレビ、新聞、雑誌、ラジオなどの既存のメディアとは一味違う。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順