呆れるほど揺るがない「チェイニーの影響力」

執筆者:ルイーズ・ブランソン 2006年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

「ひとつのリンゴを三度かじる」と言われるチェイニーの政治スタイル。その人脈が蜘蛛の巣のように政官財界に広がっているからこそ――。[ワシントン発]二月十一日、仲間とテキサス州の狩猟場でウズラ狩りをしていたディック・チェイニー副大統領(六五)は、誤って親友で弁護士のハリー・ウィッティントン(七八)を撃って大けがを負わせた。 それに続く展開は、米史上最強の副大統領といわれるチェイニーが日頃いかに仕事をしているかを窺わせるに十分なものだった。まず、事故をすぐにマスコミに知らせず、翌日になって狩猟場の所有者から地元テキサスの記者にリークさせた。その後も公の場で事故について語ることを拒み、メディアと議員らの突き上げをくらってテレビの短いインタビューに渋々応じたのは事件から四日もたってからのことだった。しかも出演したのは保守的で政権に友好的なフォックス・ニュースだ。「人生最悪の日だった」。インタビューに応じるチェイニーはいかにも居心地悪そうだったが、今回ばかりは血の通ったところを見せる必要があることも承知していた。彼にとって幸運だったのは、ウィッティントンの命に別状がなかったことだ。もし死んでいたら、チェイニーは過失致死罪に問われ、本格的な捜査が行なわれることになったであろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ルイーズ・ブランソン イギリス出身。英『サンデー・タイムズ』紙モスクワ支局長を経てフリーランスに。米『ワシントン・ポスト』紙元モスクワ支局長で夫のダスコ・ドーダー氏との共著に『ミハイル・ゴルバチョフ』『ミロシェビッチ――暴君のポートレイト』がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順